バッテリー長持ちのWiMAX 2+対応端末Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)

WiMAX 2+サービスは無線を利用したモバイルインターネットサービスです。
ですから、インターネット環境を持ち歩く事が出来ると言う特徴を持っています。



WiMAX 2+通信に対応する端末はバッテリーを内蔵していますので、スマートフォンのように電源が取れない場所でも利用する事が出来ます
ただ、バッテリー使ってインターネットを行うので、常にバッテリー切れには気を付けなければなりません



バッテリー残量



そんなバッテリーに関する悩みから解放されたいのであれば、よりバッテリーが長持ちする機種を選択する必要があります。
WiMAX 2+通信に対応している端末のうち、特にバッテリーが長持ちする機種と言えば、NECプラットフォームズ株式会社が製造しているWiMAX端末がそれに該当します。
安心のMADE IN JAPAN製品と言うだけではなく、NECプラットフォームズ株式会社がこれまで製造して来たWiMAX端末は、バッテリーが長持ちする事でも評判なのです。



そんなNECプラットフォームズ株式会社が製造しているWiMAX端末の中でも、最新のWiMAX端末がSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)です。
このWiMAX端末は、従来のSpeed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)と比較して、バッテリーの容量が増量されました。
元々は2,500mAhのバッテリーを搭載していましたが、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)に搭載されているバッテリーの容量は2,890mAhになります。



バッテリー



その結果、Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)のエコモード時の連続通信時間は約720分でしたが、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は約990分に伸びています。
ですから、長時間電源の取れない場所にいたとしても、バッテリー切れを気にせずたっぷりとインターネットを楽しむ事が出来るようになりました。



ですから、他のWiMAX端末なら、「えっ!?もうこれだけしかバッテリー残ってないの?」と言うような状況下であっても、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ならば、「おー!まだこんなにバッテリーが残ってる!」と言う状況になります。
バッテリー切れの心配はしたくないと言う方は、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を選んでおけば取りあえずは間違いないです。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)がWiMAX 2+の長時間通信に対応している秘密とは?

ご紹介したように、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)はWiMAX 2+通信時にバッテリーが長持ちするWiMAX端末になります。
勿論、Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)と比べてバッテリーが大容量化した部分も大きいですが、その秘密はもう1つあります。
それが、Bluetoothテザリングと言う機能になります。



通常、WiMAX端末が利用するテザリングはWi-Fiテザリングになります。
Wi-Fiテザリングはパワフルなテザリング方式で、ハイパフォーマンスなテザリングを行う事が出来ます
ただ、その分バッテリーの消耗も激しく、バッテリーを長持ちさせると言う観点からすれば、あまり適した通信方式ではありません。



Wi-Fiテザリング



そこで、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)はBluetoothテザリングと言うテザリング方式を採用しています。
Bluetoothテザリングは、省エネで通信を行う事が出来るテザリング方式になります。
ですから、Wi-Fiテザリングと比較すると、Bluetoothテザリングを使用時の方がバッテリーが長持ちします。



Wi-FiテザリングとBluetoothテザリングのバッテリーの持続時間
省電力モード Wi-Fiテザリング Bluetoothテザリング
ハイパフォーマンスモード 約440分 約580分
ノーマルモード 約600分 約900分
エコモード 約740分 約990分


ご覧頂くとお分かりの通り、Bluetoothテザリングを利用時であれば、これだけWiMAX 2+通信時のバッテリーが長持ちします。
ただし、Bluetoothテザリングは良い事ばかりではありません。
あくまでも省エネの通信方式になりますので、最大同時接続数は3台までになります。



Bluetoothテザリング



ですので、4台以上の機器を同時通信する場合はWi-Fiテザリングを利用するようにしましょう。



↓Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の取扱い先はこちら↓
UQ WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のその他の特徴は?

ご紹介しているSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ですが、その特徴はBluetoothテザリングだけではありません。
その他にも、3つの特徴を持っています。



  • WiMAX 2+通信時の下り最大通信速度が440Mbps出る。
  • WiMAX 2+通信時の上り最大通信速度が30Mbps出る。
  • クレードルアンテナにより、効率良くWiMAX 2+通信を行う。


まず、下り最大通信速度が440Mbps出る秘密ですが、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は4×4MIMOキャリアアグリゲーションの2つの技術を同時利用する事が出来ます。
その結果、110Mbps×2×2と言う事で、下り最大通信速度が440Mbpsも出るようになります。



4×4MIMO技術とCA技術の融合



また、キャリアアグリゲーションは上り通信にも採用されていて、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の上り最大通信速度は30Mbps出ます。
ちなみに、上り通信にもキャリアアグリゲーションを採用しているのは、モバイルインターネットサービスの中でもSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)が初となります。





クレードルアンテナは、WiMAX端末の充電台となるクレードルと言う製品に取り付けられているアンテナになります。
クレードルアンテナがある事により、真正面だけではなく、左右から届くWiMAX 2+の電波を使って通信を行う事が出来るようになります。



クレードルアンテナ



つまりは、より効率的にインターネットが利用出来るようになる訳です。
ただし、クレードルはWiMAX端末とは別売り扱いになっています。
ですから、クレードルアンテナを利用したい場合には、別途、クレードルを購入する必要が出て来ます。

実際、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を利用してみてどう?

これまで、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の特徴についてご紹介して来ました。
ですが、特に気になるのは、実際の使用感と言う部分でしょう。
続いて、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の実際の使用感についてご紹介します。



Speed Wi-Fi NEXT WX03



Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)はバッテリーの持続時間が1番の特徴ではありますが、通信速度の速さも現在ラインナップされているWiMAX端末の中で1番速いWiMAX端末になります。
その通信速度の速さは実感出来るレベルで、高画質動画もサクサク再生出来ます



特に大きい部分が、ハイスピードモードを利用時の通信速度が速いと言う部分になります。
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)と比べられる事が多いWiMAX端末に、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)と言うWiMAX端末があります。
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の場合、ハイスピードプラスエリアモードを利用した時の下り最大通信速度が370Mbps出ると言う形になっています。





ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合、別途、LTEオプション料と言う形で月額1,005円の使用料金が取られてしまいます。
また、ハイスピードプラスエリアモードに適用される速度制限は、ハイスピードモードと比べて厳しくなります
ですから、ハイスピードプラスエリアモードの下り最大通信速度がどれだけ速くても、メインの通信回線としては利用する事が出来ないのです。



対して、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)はメイン回線として利用出来るハイスピードモードを利用時の通信速度が速いです。
ですから、同じ通信速度が速いと言う言われ方をしても、その意味合いは全く違ったものになるのです。
ましてや、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の方がSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)より通信速度が速い訳ですから、その魅力の差は圧倒的なものと言えます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)をお得に手に入れる事が出来るチャンス!

以上、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の特徴についてご紹介しました。
また、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)と比較する形でもご紹介しましたが、いかがでしたか?



そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ですが、通常価格で購入する場合は20,000円します。
また、クレードルとセットともなると、通常価格で23,565円もしてしまいます。



WiMAX端末代はそれなりにする



Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の性能を考えれば納得の価格ではあるものの、WiMAXサービスを導入時にこれだけの初期費用が掛かるのは、正直負担が大きいです。
ですが、UQ WiMAXのキャンペーンを利用すれば、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)が2,800円に大幅割引きされます。
また、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセットでさえも5,400円に大幅割引きされます。



そればかりか、更に今なら、期間限定で10,000円分の商品券のプレゼントも行われています。
UQ WiMAXの商品券のプレゼントは、通常3,000円分貰えます。
それが7,000円分もお得な状況になっているのです。



商品券のプレゼントキャンペーン



ですので、少しでもお得な今のうちにキャンペーンを有効活用したいものです。



↓UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
UQ WiMAX